創業融資で必要なもの

創業融資で必要なものについて、融資申請の流れとともに確認します。

1、日本政策金融公庫の創業融資の流れ

①融資の申請書類の取得

まずは、融資の申し込みを行う管轄支店を確認します。この管轄支店は、日本政策金融公庫のサイトで確認できます。申請書類の取得は郵送で行うことも可能です。

ただし、融資面談の事も考えて、直接、窓口に行った方がよいでしょう。なぜなら、窓口に行くことで管轄支店の雰囲気がつかめるからです。この時に、必要な書類を確認し、融資の申請書類を取得します。

 

② 申請書類の提出

申請書類の提出は、郵送で送ります。具体的な提出書類は、融資申込書、履歴事項全部証明書、創業計画書などになります。資金の使い途が設備資金の場合は、見積書や設計書の提出が必要となります。

 

③ 融資の面談

申請書類の提出から3日前後で、日本政策金融公庫より面談日の通知があります。通知は、通常、郵送で行われます。

融資の面談時間は、1時間前後となります。融資の面談では、創業計画書の事業計画の内容がチェックの対象となります。この面談において、的確に回答することが求められます。また、この時に経営者としての資質も問われます。人柄や言葉遣いやマナーも大事なポイントとなります。

 

④ 融資結果の通知

結果は、融資の面談後、2週間前後で通知されます。この通知は、郵送で行なわれます。

⑤ 融資実行

融資が下りた場合は、指示にしたがって手続きを行います。特に無担保・無保証の条件の場合には、融資の実行はスムーズにいきます。
融資申し込みから実行までの期間は、1ヶ月程度になります。

 

2. 自治体の創業融資の流れ

①金融機関の決定

自治体の制度融資の融資の場合、信用金庫の支店を選ぶ必要があります。
なぜなら、創業融資は手間がかかるため、できるだけ小さい信用金庫のほうが、扱ってくれるからです。

②金融機関の担当者との相談

金融機関の担当者と事前に了解をとって、融資の手続について、担当者に相談します。

③融資の申込

融資に必要な書類を金融機関を経由するか、保証協会へ直接、融資の申し込みを行います。

④融資審査と面談

融資面談は、保証協会の担当が出向いてきて、行います。
この時に会社の様子をチェックされるとみていいでしょう。
ただし、この保証協会の審査が通れば、金融機関の審査に通るとは限らないので注意が必要です。

⑤融資の実行

融資の実行は、融資決裁が下りた後に2週間前後で実行されます

 

3.まとめ

2つの融資制度ともに、順調であれば、申し込みから1ヶ月前後で融資が実行されるとみていいでしょう。
創業融資で必要なものは、借入申請のための書類と堅実な創業計画であるといえます。


助成金の無料相談 お問合せはコチラ 0120-177-671
中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ!
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン
成功報酬キャンペーン!助成金がもらえない場合、費用は頂戴しません。
創業融資でお悩みの方へ まずはお気軽にご相談ください 0120-177-671
助成金、資金調達、会計・税務もサポート!
PAGE TOP