事業計画作成とは

事業計画の作成について、確認します。

1.事業計画とは


事業計画とは、事業の目的を実現するためにどんな行動をすべきかを盛り込んだ計画のことをいいます。
具体的には、事業を開始してから5年先ぐらいの目標や経営戦略を提示したものになります。
事業を開始すると、取引先や金融機関などに事業内容を説明しなければならない機会が増えてきます。
また、さらに出資者や取引先を拡大していく時期になれば、よりいっそう事業計画を説明することが求められます。
そして、事業計画を作成することで、自分自身で事業の経営をどう行っていくべきかのイメージが固まる効果があります。
よって、起業時には、事業計画を作成するべきでしょう。

2.事業計画の作成ポイント

実際の事業は、事業計画どおりには、なかなか進めないです。
よって、事業計画では、計画と実績の差を分析していくことが大事です。
計画を練っては、実績との差を埋めるべく、練り直していくという作業を繰り返していく必要があります。
この作業を行う事で、事業の実行能力が上がっていきます。

3.事業計画の内容

①事業計画の構想

事業計画では、全体的な構想を創る必要があります。
具体的には、事業に対する経営者としての考えや将来的な事業展開になります。
また、将来的な事業展開を行うための事業の市場規模や将来性をリサーチします。
事業計画の具体的な項目は以下のようになります。

・起業した動機
・事業概要
・事業の市場規模
・事業の将来性
・事業の課題とリスク

②事業内容

事業における商品やサービスの特徴、提供方法を上げていきます。
その商品やサービスがターゲットとする顧客のニーズにマッチしているかを説明していきます。
その事業を行うための項目を具体的に説明します。
事業内容の具体的な項目は以下のようになります。

・商品やサービスの特徴
・商品の販売計画
・商品の仕入計画
・設備導入計画
・人員の計画

3.利益計画

事業を継続していくためには、会社は利益を出していく必要があります。
利益を出すための将来的な収支計画を練ります。
具体的には、事業開始時の収支予測と5年先ぐらいの収支予測を提示します。
出来れば、毎月の利益の見込みレベルまで提示するのがベストでしょう。
また、資金調達した借入金の返済や利息の支払も要素として盛り込みます。

4. 資金計画

具体的に、事業計画を実現させるために、何が必要で、そのためには、資金がどの程度必要であるかを説明します。
そして必要な資金を調達するための計画を提示します。


助成金の無料相談 お問合せはコチラ 0120-177-671
中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ!
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン
成功報酬キャンペーン!助成金がもらえない場合、費用は頂戴しません。
創業融資でお悩みの方へ まずはお気軽にご相談ください 0120-177-671
助成金、資金調達、会計・税務もサポート!
PAGE TOP