株式会社KyoMi  代表取締役 柏本知成様

kyomi_main1

株式会社KyoMi  代表取締役 柏本知成
業務内容:学習塾経営

自己紹介をお願いします。

株式会社KyoMi代表取締役の柏本知成(かしもとともなり)です。 豊田市で小中高を対象に、主に受験指導を行う個別指導塾を2教室展開しており、来春3教室目を開校予定です。

一般的な進学塾というと、進学実績を目的とした上位層にウエイトを置いているんですが、私たちの教室には中位から下位の生徒さんが多いです。
ほぼ全員が公立高志望で、その子たちの成績を上げ、無事に公立高への合格まで導くのが務めです。

 

一言で言うとどんな塾ですか?

そのために、「基礎の反復」に重点を置いているのが特長です。 例えばテスト対策の時には、誰でも覚えられるようなプリントを用意して、徹底期に反復し、できるようになるまで、その日に合格するまで、夜中まで徹底的に付き合っています。

がんばって、がんばって、がんばって壁を乗り越え、その結果として目標を達成できるという経験が、今後の人生に必ず活きるはずですから。

 

他の学習塾との違いはどのようなものでしょうか?

生徒は「成績を上げたい」と思って塾に通ってくるのですが、そのために「モチベーション」が重要です。 勉強のモチベーションを上げるのに、「まず塾を好きになってくれる」というのも大事な考え方だと思うんですよね。

塾を好きになる大きな要素は、実際の授業で触れ合う先生です。その先生を好きになってもらうことが大事になると思うので、講師教育に力を入れているのがウリです。 生徒にとっては、「何を学ぶかではなく」、「誰に教わるか」が大事なんです。

個別指導の学習塾なので、講師は基本的に大学生です。講師が生徒にとっての憧れの存在となるように、指導スキルはもちろんのこと、人間力を高める研修を実施しています。 昨日もその研修の後に夜中2時まで熱く講師と語っていたんです。おかげで少し寝不足な顔です(笑)

 

 

鶴田会計グループとはどのような関わりを持っていますか?

まずは、通常の税理士業務ですね。
「また数字をまとめなければいけない・・」という月末の憂鬱がなくなり、本来の経営に集中できるようになりました。資料作成のための時間が短縮されるだけでなく、業績資料がわかりやすいので、それを元に「考える時間」を圧倒的に増やすことができましたね。

鶴田会計グループさんが主催しているビジネス交流会の「びじ咲く会」にも参加させてもらいました。
私の事業は地域密着でお客様が生徒なので、この場でビジネスマッチングや販路拡大などが直接期待できるわけではないのですが、様々な経営者の方と交流することができ、新しい考え方を学べる場になっています。 また、ワンネス・コンサルティングの講座に参加してみて、参加者とディスカッションをしたことがあったのですが、その時は自分と近い立場、特に会社を興したての方が多かったので、経営をしていく中で、皆が共通してつまづくポイントがわかりました。

自分が悩んでいるところは、他の皆も同じように悩んでいました。それを抜け出すことができたという成功体験や事例の共有ができたのが一番の学びでした。 スタッフとのコミュニケーションで困ったこと、スタッフをどう育て、どう仕事を任せていくか、ちょっとした悩みに相談に乗ってもらえるのも助けになります。

 

 

鶴田会計グループのどのような点を評価されていますか?

一つは、お願いしたことに親身になって相談に乗ってもらえるところです。
「こういうことしたいんです」「こういう資料が欲しいんです」という依頼にすぐに応えていただけるので経営のスピードが増しました。

二つ目は、壁を感じないところです。
担当の高野さんだけでなく、事務所を訪れた時、セミナーやびじ咲く会に参加した時に、すべてのスタッフが「柏本さん!」と名前を読んで声をかけてくれることです。それが一番びっくりしたことです。 自分の担当以外でも、「お客様のことを知ろう」「お客様のことを理解しよう」「会社全体でサポートしよう」とう姿勢を感じました。

三つ目は、鶴田会計グループを通して自分が求めるものが必ず手に入るイメージがあります。
「こういう人と知り合いたい」「こういうサービスの会社を探している」と思ったら、鶴田会計グループに相談すればまず紹介してもらえます。 「こういう知識が得たい」「こういう勉強がしたい」と思ったら、ワンネスセミナーに参加したり、相談すれば書籍や考え方の紹介もしてもらえます。 とにかく、こうしたいと思った時に相談すれば、必ずそれが得られるという、頼りになる存在です。

 

 

元々、「法人化したい」と思ったのは、どんなきっかけがあったのですか?

意識し出したのは、独立して2年を過ぎた2012年の5月頃だったと思います。
会社にしたかったのは、個人事業のままでやっていると、スタッフから見ると「柏本さんのお手伝い」つまり、まず私がいて、スタッフはそれをサポートするという図式になってしまうのではないかと思ったからです。

「会社組織」にすることで、自分もスタッフと同等に、会社を支える一人と思えるようになり、みんなで会社を成長させていこうと考えられるようになるのだと思います。同じく学習塾を経営されている先輩が、法人化した目的をそんな風に話してくれていた影響もあります。
実は、「KyoMi」という会社の名前も、その時サポートしてくれていた講師9人と私の姓の頭文字から取っているんです。

そのタイミングで税理士を探し始めたということですか?

法人化したいと思ったのですが、ところが、その時は収支の把握すらも十分にできていない状況でした。 その辺で税理士さんのサポートが必要になると思って税理士を探し始めました。 最初に、お付き合いしている仲の良い銀行の担当者さんに相談したら、担当者さんが懇意にしている豊田市の税理士事務所を紹介していただきました。 それと並行して、経営者仲間にも相談していて、「うちの税理士先生もなかなかいいよ」とも言われてもいました。

鶴田会計グループのことを、いつ、どうやって知りましたか?

04831-300x200そんな頃、学習塾の経営者仲間から、「そういうことに詳しい人がいるよ、私よりももっとよいアドバイスをくれると思うよ」と言われたんですよ。

そう紹介してくれたのが、ワンネス・コンサルティングを経営している宮川さんです。学習塾経営者仲間を通じて、既に一度面識がありました。 そこで相談の電話をしてみたところ、 「弊社はコンサル会社だけでなく、会計事務所も併設しているんですよ。

他の税理士さんも紹介できますが、まずは柏本さんが何を重視して、今後どうしていきたいのか聞かせていただけますか。とにかく価格重視なのか、サポートの質やサービス領域を含めた価値重視なのか、それによってお勧め内容も変わってきますので。」とのこと。

 

 

鶴田会計グループの第一印象はいかがでしたか?

それで鶴田会計グループさんを訪問したのですが、応接室に案内してくれた受付の方やお話させていただいたスタッフを見て、「皆さん若くて、勢いがありそうだな」というのが第一印象です。

応対してもらった税務コンサルタントの鬼頭さんからは、「どういうサービスをいくらで」ということよりも、「お客様の成長を支援するために、鶴田会計グループ自体がもっともっと成長する!」という勢いを感じたのが印象に残っています。 実は、先ほどお話した、豊田市の税理士の方もすごくいい方だったんです。 ですが、鶴田会計グループさんと比べてみると、「うちだったらこんなことやってあげるよ」「こんなこともできるよ」というスタンスの印象を受けました。

「自分たちがやっている業務はこれです。この中からサービスを選んでもらえばそれをやります」ということなんですが、鶴田会計グループさんは、こちらから漠然と「こんなことをしたいと思っているんです」と言えば、どんどん提案してもらえました。別の言い方で言うと、自分のアイディア以外のものを「新しく創造してくれる」感覚でしょうか。 とにかく、「一緒に成長していきましょう!」という強いメッセージを感じましたね。

2社の税理士法人を比較して、最終的に鶴田会計グループに決めたポイントは何ですか?

理由は3つあります。

第一に、会社自体が前に進んでいるということです。
第二に、毎月の業績資料が非常に見やすいことです。
第三に、経営コンサルティング会社としてのサポートも期待できることです。

 

 

1つ目の「会社自体が前に進んでいる」とはどのようなことですか?

いろいろ相談する税理士さんから出てくるのは、「今のままで利益を確実に維持していこうよ」という堅実なアドバイスが多かったです。 それはそれで大事なんですが、私はそういった守り、つまり現状維持の発想よりも、今の時期は「売上増大」に取り組みたかったので、アクセルを踏んでくれるアドバイスを頂きたいと思っていました。

会社全体が前に進み、成長している鶴田会計グループさんだと、私の考え方を理解・共感してもらえ、具体的なアドバイスもいただけると思いました。

 

 

2つ目の「毎月の業績資料が見やすい」とはどのようなことですか?

毎月の収支をしっかり出してくれるということです。 最初の相談時に、毎月の業績報告書のサンプルを見せてもらいました。

単に数字がたくさん羅列されている貸借対照表や損益計算書を見せられても全然わかりませんが(笑)、グラフがたくさん使われているので目で見ても理解しやすいです。 また、例えば弊社では、校舎別で業績資料を作ると経営判断がしやすいですね、とアドバイスをいただきました。

 

3つ目の「経営コンサルティング会社としてのサポートも期待できる」とはどのようなことですか?

税理士さんからの前向きなアドバイスはもちろんですが、経営コンサルティング会社とグループ経営をされているので、いざという時のアドバイスを頂けるという安心感があったことです。

やはり経営していく上で、第三者からのアドバイスはありがたいですし、会社が成長していく過程でぶつかる壁を効果的に乗り越えていきたいと思いました。

 

 

今後のビジョンや目標を教えてください。

今後のビジョンとしてあるのは、校舎数20教室を目標として展開します。 途中からは学習塾の運営を社員に任せ、自分の考えている教育論を保護者や学校の先生に伝える活動をしたいと思っています。

そのために講演会や保護者勉強会、学校の教師向けの勉強会などにも時間を使っていきたいですね。 子どもに携わる大人がかっこよくなるお手伝いをしたいと思っています。

当社への期待を教えてください。

今後も成長し続けてもらい、「鶴田会計グループ」といったら、保護者など経営者でない人でも知っている存在になってもらいたいです。 そうすれば、そこでコラボレーションさせていただくことで、一緒に地域を変え、教育を変えていくことができると思っています。

柏本社長、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

0550-1024x683

助成金の無料相談 お問合せはコチラ 0120-177-671
中小企業のための助成金一覧はこちら 創業、人材採用、教育研修、育児、介護休業、パート活用業種別など色々な助成金がありますので、一覧からどうぞ!
どのような助成金がもらえるのか?無料助成金相談実施中!どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン
成功報酬キャンペーン!助成金がもらえない場合、費用は頂戴しません。
創業融資でお悩みの方へ まずはお気軽にご相談ください 0120-177-671
助成金、資金調達、会計・税務もサポート!
PAGE TOP